--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/10/24

薪ストーブの火入れ@中沢町の家

日ごとに秋が深まり涼しくなってきました。
朝晩の冷え込みも増してきて肌寒い..
薪ストーブの恋しい季節です。

先月お引渡しをした新潟市「中沢町の家」では薪ストーブを設置しました。
本格的な冬の到来の前に薪ストーブの火入れを行いました。
今回は新潟市江南区にある薪ストーブのお店、「雪国科学」さんにもご同行いただき、薪ストーブの火入れと使い方を教えていただきました。

写真-2016-10-23-16-13-33
教えていただいたのは雪国科学の遠山さん。
まずは上のフタを空けて、薪ストーブの構造のご説明。
今回「中沢町の家」でご採用いただいたストーブは、「ダッチウエスト」社のスモールコンベクションヒーターです。
家造の展示場に置いてあるストーブより一回り小ぶりのタイプです。

写真-2016-10-23-16-47-44

構造の説明の後はいよいよ火入れ。
まずは焚き付け用の細い木を敷きます。
写真のように空気が通りやすいように木を組むと着火がスムーズです。

写真-2016-10-23-16-52-12

着火剤に火をつけて投入。

写真-2016-10-23-17-08-31

焚き付け用の細い木が熾火になったら薪の投入です。
非常によく燃えています。
施主様からコーヒーをご馳走になり、1時間ほど薪ストーブの前で談笑。
薪ストーブの前で飲むコーヒーは格別です。
ご馳走様でした。

これから本格的な薪ストーブシーズンです。
薪ストーブライフを思う存分楽しんでくださいね!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。