2017/07/22

スタッフの家づくり Vol.21 室内物干し室

すっかりご無沙汰してしまいました。。
7月に入ってからわが家の工事が大詰め。
内部の塗装を自分でD.I.Yしたり、内覧会の準備をしたりとバタバタとしておりました。
ようやくわが家は内装工事もほぼ終わり、ただいま外構工事に入っております。
ここで告知。
家造の新モデルハウス(わが家)のプレオープンの日程が決まりました。

8月5日()、6日( に開催いたします。

詳細は追ってホームページにアップいたしますので、そちらをご確認ください。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

さて、今回は「室内物干し室」について書いていきます。
この部屋は妻の一番の願いでした。
以前の記事でも書きましたが、「私は物干し室さえあればいいよー」と言うくらい。
今のアパートでは、リビングに「ホシ姫サマ」が付いていて、雨の日・冬の間はリビングに部屋干しの状況。
梅雨時期の部屋干しは室内の湿度がスゴイことになるし、「ホシ姫サマ」が窓付近についているものだから冬場は特に部屋が暗くなるし...
わが家に限らず、新潟では室内の物干しスペースをどのように確保するか、とても重要です。

わが家の物干し室はこんな感じになっています↓↓↓
物干し

小さな家ですけど、しっかり確保されています。
ファミリークローゼット」になっている部分、当初は「パントリー」として使おうかなと思っていました。
工事が進むにつれ、今の生活を考えるとクローゼットとして使ったほうが良さそう ということになりました。
広さもそんなにありませんので、私と妻の仕事着や子供の服など使用頻度の高い衣類を収納予定。
当面このスペースは家族のクローゼットになりそうです。
あえて棚などもつけなかったので、その時の生活に合わせたフレキシブルに使える空間として重宝しそうです。

生活の動線を見ても、洗面脱衣室から近いので、

洗って、干して、たたんで、しまう

が2階で完結できそう。
小さな家ながら大切な部分がちゃんと盛り込まれています。
これには妻も文句なし。
満足の様子です。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。