シューズクローク

 こんにちは。水澤です。
今日は「シューズクロークについて」です。
従来は下駄箱という感じで、靴だけを収納していましたが、マンションなどでは天井までの高さにしてコートも収納できるようになりました。
そして近年は「部屋」というイメージで、納戸のような使い方が増えてきているようです。
靴やコートそして雨具などをまとめて収納するのですが、人によってはゴルフやスキー道具等の置き場として、また新潟では長靴を使いますのでとてもありがたいスペースです。
形式としては、玄関土間から入れる「土間独立型」 そのまま家の中に上がれる「通り抜け型」 玄関と一体となっている「オープン型」 土間からではなくホールに併設する「屋内型」等々さまざまな形式が考えられます。
それぞれ一長一短で特徴があります。
モデルハウスのような「通り抜け型」を例にあげてみましょう。
脱いだ靴を仕舞ってそのまま家の中に入れる形式のためとても人気が高いタイプでよいのですが、通り抜けのスペースがとられるため面積の割に収納力が劣ってしまいます。
面積に余裕があり、来客が多く玄関をすっきりさせておきたい家にはぴったりのプランだと思います。
見た目やイメージだけに縛られず、家族構成や地域性そして何より家全体の計画にあわせて選択していく事をお勧めします。