庭仕事のある家

お天気がいい日が続き、気持ちも晴れやかです。

ホームセンターの入り口では、野菜やお花のポット苗のコーナーが

拡張され ついつい店内に入る前に色とりどりのお花を眺め

これからの時季、沢山のお花に囲まれたり野菜を収穫するイメージを

膨らませ楽しくなったしまいます。

しかし、そのそうなる前には冬の間に放って置いた

お庭の手入れをしないといけません。

雑草取り①

まずは、家造展示場の芝生の雑草取り!!

本日は2時間黙々と向き合いました。

結果は・・・・・・

雑草取り②

1/4位進んだでしょうか!?

地道ですが、多少でも達成感を感じることが出来るので嫌いな作業ではありません。

これからは、自然の力に追い越されないように

毎日、少しずつ取り組んでいきたいと思います。

今年は、いつもより心地のいいお庭を目指せるといいな・・・・と思っています。

スタッフの家づくり Vol.1  ご挨拶

日頃よりこのスタッフブログをお読みいただきありがとうございます。
はじめての方もいらっしゃるかもしれませんので、まずはご挨拶から。

家造で主にお客様と設計・施工の窓口業務をしています、若山と申します。
妻と1歳2か月の娘と3人家族のアパート住まい。
いつもお客様といっしょに家づくりをしていますが、毎回出来上がる素敵な家を見ながら、「いつかは自分も家を建てたいなー」と思っていました。
けれどお金もなければ建築する土地もない。
あるのは漠然とした家づくりの構想だけ。
そんなこんなでなかなか行動を移せずにいました。
昨年の消費税増税(延期されましたが)のタイムリミットと娘の誕生がわかった時期がちょうど同時期だったので、家を建てるならこの時期しかない!!と思い、昨年本腰を入れて家づくりがスタートしました。

つくりたい家はもちろん「家造がいつもつくっている家」。
建築家の田中さんや水澤さんが設計する家が好きです。
木の家が好きです。
とにかくシンプルで小さな家がいいと思っています。

なかなか書くことが不慣れで、手探りな状態ですが、家づくりの記録を綴っていければと思っています。
完成は8月の予定です。
どうぞよろしくお願いします。

01.jpg

スギナとヨモギ


季節は春の土用を迎えています。

展示場の周りのスギナとヨモギを摘みました。

DSC_1776.jpg

スギナは嫌われ者のイメージがありますが、
実は栄養満点。血管など管の掃除をしてくれるそうです。
そして、
ヨモギは血をきれいにしてくれるというので
スギナとヨモギで最強コンビです。

今日はこの時期だけ味わえる贅沢。
乾燥させずにフレッシュでお茶にしてみました。
春を感じるほのかな苦みと
すがすがしい香りが心地よいお茶になりました。

DSC_1781.jpg



来る夏に備え
身体を整え、季節の変化になじませていきたいです。

DSC_1778.jpg

壁の補修

写真 2017-04-02 9 54 11

展示場の壁のメンテナンス。
木部と壁の入隅部分はどうしても木が乾燥して隙間が開いてきます。
今回はドレッシング用の容器を100均で購入し、漆喰補修剤を作って自分たちでメンテナンスしてみました。
木部と壁にテープで養生し、漆喰補修剤を塗り込みます。
少し多めに塗り込み、あとは目地用の平コテでなでるだけ。
スタッフむらきも「楽しい!!」と作業に夢中になっていました。


写真 2017-04-02 9 47 51

写真 2017-04-02 9 49 33

江南区文化会館

私は、わりと図書館を利用します。
ここのところ、本を借りて返して・・・の利用でしたが、
久しぶりにゆっくり図書館にいきました。
亀田図書館は江南区文化会館の中にあります。
2013年度グッドデザイン賞を受賞した建物です。

DSC_1553.jpg

初めて利用したのは
3年ほど前の設計者・新居千秋さんによる
「江南区文化会館グッドデザイン賞受賞記念講演」を
聞きに来た時です。
講演では
「設計のプロセスが文化運動となり地域の住民や産業を活性化することに貢献できれば」
という考えから、地域の声を何度も聞き、何度も練り直し設計をされたことが分かりました。
その他、
コンクリートの上に縦のノコ目仕上げで稲穂をイメージ
LED照明は、たわわに実った稲穂から米がこぼれ落ちる様をイメージ
米に見立てたリングを吸音孔とする吸音システム
外観は銅板を使用し、緑青の経年変化が異なる印象を与えながら環境になじんでいく
・・・などなど。

DSC_1557.jpg

DSC_1559.jpg

そして
館内の「ココモkaffe」さんは
東京からいらした夫婦がやられていると紹介され、
「少なくとも新潟市の人口を2人増やすことには貢献しました。」
というような話をされ会場を和やかにされていました。
この話が一番頭に残ってしまった私・・・

この日も「ココモkaffe」さんで一息。
壁の照明に取り込まれた地域産業である亀田縞を
見ながらのひとときでした。

DSC_1562.jpg

DSC_1572.jpg